FC2ブログ

カフェ・アークトゥルス

ご来店誠にありがとうございます。どうしよ、全然来れない!

2007-09

モノクロの世界~旅立ちへ(2)~

「おまえ、荷物を持っていないんだな。よくここまで来れたね。」
「うん、なんと言うか……落ちてきたって言えないし。
「何か言ったか?」
「い、いえ!何でもアリマセンッ!」
 途中で棒読み口調になってしまった私の声を聞いて、女の人は喉でククッ、と笑った。
「おまえって、ちょっと変な奴だな。……そうだ、名前は?」
「下田ナナミです。ナナミって呼んでもらっていいです。」
「ナナミ、か。私は、サラ・グラフィアスだ。よろしく。」
 サラさんは私に手を差し伸べてくれた。私はその手を軽く握った。

 サラさんは、天使っぽいんだけど、翼が黒いから、『天使』というより、『悪魔』とか、『鴉(カラスって読むんだよ)』のような、黒いものがピッタリくる。
私はそのことをサラさんに聞いてみたら、こう答えてくれた。
「さん付けはよしてくれ。なんだかくすぐったい気持ちになる。
 私は、生まれつきこんなのだよ。ナナミだって、そうじゃないか?詳しくは、また、会えたら話してやるよ。じゃ、そろそろ行こうか。」
 なんだか、納得するような、納得しないような答えだった。私はゆっくりと腰をあげた。すると、ズボンのポケットから、何かが落ちた。

「なんだろ、これ……?」
「どうした、行くぞ!」
 サラの声が聞こえた。私は拾い上げたものを見せながら言った。
 少し長細いアクセサリーみたいな物で、金色に輝いている。それには七つの小さな丸い窪みがある。私はこんな物は持っていない。
「あ、いや、ポケットから何か落ちたから。」
「ん?なら、落とさないように持っときなさ……ちょっと、それはまさか……?!それを見せな!」
 サラは私のそばに駆け寄って、アクセサリーを見た。それを裏返すと、文字が彫ってあって、その文字を読んでいくうちに、サラの顔が険しくなっていく。
「……なんだって?!おまえ、虹の守護者だったなんて!もっと早く言えよ!」
「え?虹の守護者って?」
「は?!今、自分が何なのか分からないのか!おまえは、この世界を救う最終兵器みたいなもんだ!……とうとう、この時が来てしまった。この、くすんだ世界が滅びてしまう時が……。」
 
 この世界が滅びる?最終兵器?虹の守護者?いったい、この世界に何が起こっているの?私は、何かの渦に巻き込まれていく事を、うっすら感じていた。
「とにかく、おまえが今、ここにいる世界……くすんで、いまにも崩れそうなこの世界に何が起こっているか、知りたいだろう?」
 私は、大きく頷いた。
「ここを数時間歩いた所に、宿場町がある。そこまでの道を歩いて行くから、その間にでも教えてやるよ。」
「す、数時間も?!」
「いやなら、ここに置いて行ってもいいが、狼のエサになるか?」
 えええ?!そこまで言わなくてもいいじゃない!だったら、ついて行くしかないじゃないの!

「ほら、とっとと行くぞ。」
「は、は~い……。」
 こうして、私とサラとの旅が始まった。くすんだ色のこの世界で…。

次の話へ続く

以下、サラ・グラフィアスの簡単なプロフィールと、コメントを下さった方へのお返事です。

続きを読む »

スポンサーサイト



| HOME |

プロフィール

夜叉音 彪奈

Author:夜叉音 彪奈
やしゃね ひょうなと読みます。
どうも最近妄想ばっかりする危ない中学生ですorz
FC2 Blog Ranking
ランキング参加しています!是非お願いします☆

カレンダー

08 | 2007/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

最近の記事

最近のトラックバック

月別アーカイブ

最近のコメント

カテゴリー

FC2カウンター

キリバンはありませんが、揃うと嬉しいですよね♪ さ、貴方は何人目でしょうか?

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

上にもあるけど気にしないで下さい(汗)

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる