カフェ・アークトゥルス

ご来店誠にありがとうございます。どうしよ、全然来れない!

2017-09

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

☆クリスマスに贈る番外編☆

 こんにちはっ!やっと更新です!最近やたら更新という言葉を使ってるなぁ。
何となく書きたかったので、番外編を書こうと思います。
 では、どうぞ☆


 
 今日は何故か雪が降った。ここは南の地方だから、雪は降らないはずなのに……
 私はそう思いながら町の大通りをゆっくりと歩いていた。
 この町へはたまにはと思って観光に来た。だから、珠を探しに来た訳ではない。
「どうしたの、サラ。今日はやけにゆっくり歩いてるね。」
「あ、すまない。雪が降るのは珍しいと思ったから。」
 ナナミにそう言ったら、ナナミは振り向い言った。
「だって、今は冬でしょ?だったら普通なんじゃない?」
「まあ、そうだけどな。」
「それよりさ、ここは何が特産なの?サラにしては『観光しよう』なんて珍しいじゃない。何かあったのぉ~?」
 するすると寄ってくるナナミに気持ち悪さを覚える。
「バ、バカ、やめろ!こんなとこで!何も無いし、気持ち悪いからさっさと離れろ!」
「やっぱ何かあるんだ~!」
 ナナミにニタニタ笑いながらからかわれた。その位はたいした事は無い。と言うか、慣れてしまった。
 それはいいとして、確かに、私はナナミに隠し事をしている。
 
 実は、ナナミが寝ている間に、この町の山奥に住んでいる私の師匠に会いに行こうと思っていた。今でも生きているかどうかは定かでは無いが。
 別に、『強くなりたいから』とか、『もっと術を使いこなしたい』とかではない。ただ話がしたいだけだ。そう、無性にしたいだけなんだ。

「ねえサラ、これは何?」
「え?あ、それは……」
 ナナミの声ではっと物思いからさめた。
 そしてナナミが指す物に見覚えがあった。

続く

以下、コメントを下さった方へのお返事です!
那樹さん
ワオ!励ましの言葉、ありがとうございます!
こんな私でも見捨ててくれないなんて、天使様ぁ~!!
もっと頑張っていきますので、よろしくお願いします!
あ、私信もいいですか?
今日はお疲れ様でした!すっごく上手でしたよ!私もあれだけ出来たらいいんですがね。
では!
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://yashane.blog118.fc2.com/tb.php/31-8b53a364
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

| HOME |

FC2Ad

プロフィール

夜叉音 彪奈

Author:夜叉音 彪奈
やしゃね ひょうなと読みます。
どうも最近妄想ばっかりする危ない中学生ですorz
FC2 Blog Ranking
ランキング参加しています!是非お願いします☆

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近の記事

最近のトラックバック

月別アーカイブ

最近のコメント

カテゴリー

FC2カウンター

キリバンはありませんが、揃うと嬉しいですよね♪ さ、貴方は何人目でしょうか?

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

上にもあるけど気にしないで下さい(汗)

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。